33コロニア・グエル地下聖堂 Cripta Colonia Guell (1898~1916) Antoni Gaudi / Barcelona Spain No.1/39

A.Gaudi 1908-14 Santa Coloma


正面外観
Santa Coloma 87-095-26.jpg
f0126688_939532.jpg
1890年、バルセロナ南西約15km Santa Coloma de Cervello に、繊維工場を移転する計画がグエルによって始められました。この工業コロニー Colonia Guell は、グエル所有の繊維工場、労働者住宅、店舗、学校、文化施設、ホテル、劇場、生活協同組合、教会等から成り、ガウディの指導のもとに建設が進められました。1898年、人口増加によりグエル家附属の際室では手狭になったため、ガウディに教会堂の設計が依頼されたのです。有名な「逆さ吊りの実験」に基づく模型による設計は、10年近い歳月を要し、1908年着工、1915年地下部分竣工、1916年建設中断という経緯をたどり、地上に立つべき教会は建設されず、地下の教会付属施設のみが教会堂に転用され今日に至っています。組積造の極致とも言えるゴシックの石造ヴォールト以来、発展の無かった構造方式に対する革命的な方式が、ガウディの手によって考案され実現した建物として、この地下聖堂は偉大なる歴史的意味を持っており、未完のサグラダファミリア大聖堂へと発展してゆくのです。自然界に存在する構造の仕組みを探究し、人の技を持って空間に置き換えたガウディの偉大なる一面を、存分に味わうことが出来るこのコロニア・グエル地下聖堂には、ガウディファンはもちろんのこと、苦手な人にも是非とも訪れて欲しいと願ってます。
f0126688_9405973.jpg

by hirayama_susumu | 2007-06-15 09:43 | 33-Colonia Guell 聖堂
<< ミラーリェス邸の門 Puer... コロニア・グエル地下聖堂 C... >>